• ホーム
  • オーラルセックスでも感染する?性病には様々な感染経路があります

オーラルセックスでも感染する?性病には様々な感染経路があります

ウィルス

性感染症はセックスやアナルセックスで感染するものだと認識している人が多いですが、実はこれら以外にもオーラルセックスで感染してしまうことがあります。性器同士が触れたりアナルに挿入したりすることで病気になることがイメージできる人は多いと思いますが、口と性器が触れることでなぜ感染するのだろうと不思議に感じる人は少なくないはずです。

性病は病気の種類によって感染経路や原因菌が存在する場所が異なりますが、クラミジアや淋菌などは感染者の精液や膣分泌液などの体液、感染部位の粘膜などに存在していることが多いと言えます。そのため、性器か口内のどちらかに病原菌があると、粘膜や体液が触れることになって感染が起こってしまうと言えるでしょう。

もっと詳しくオーラルセックスで性感染症がうつる仕組みを説明すると、性器に病原菌が存在している場合は舐めたり口に含むことで性器の粘膜と口内の粘膜が接触したり、病原菌を含んだ体液が口内から体内に侵入したりします。反対に口内に病原菌がある場合は、男性器や女性器にオーラルセックスを行うことで性器の粘膜から病原菌が入り込んでしまって病気を発症することになるでしょう。

オーラルセックスで感染する性病はいくつかありますが、代表的なものには咽頭クラミジアや咽頭淋病をあげることができます。これらはセックスやアナルセックスで感染するものだと認識している人が多いので、オーラルセックスでも感染する恐れがある性病であることをしっかりと理解しておきましょう。

性病には色々な感染経路があるので感染経路がひとつだけだと思っていると、思いもよらぬことで性病をうつされてしまったり、パートナーにうつしてしまったりする可能性があるので注意しておくようにしてください。とくに最近では性風俗の利用する男性が増えていること、カップルでもオーラルセックスを行う人たちが増えていることが原因で、性器から咽頭へ、咽頭から性器へ性病がうつることが増えています。

オーラルセックスを行いたいと考えるのであれば、どちらも性病になっていないことをあらかじめ確認しておくことが大切だと言えるでしょう。この他にもディープキスや回し飲み、タオルや下着の共用、銭湯やトイレなど公共ものを利用することで感染する可能性がある病気もあるので、性病にはあらゆる感染経路があることを知っておくことが大切です。そのなかでもオーラルセックスによる感染は多いと言えるので、性病になってしまうことがないように注意しておくことが大切だと言えます。