• ホーム
  • トリコモナスは感染経路が多い?知識があれば予防に役立てられる!

トリコモナスは感染経路が多い?知識があれば予防に役立てられる!

性病には様々な感染経路があると知っている人も多いと思いますが、トリコモナスも感染経路が多い性病のひとつだと言うことができます。複数の感染経路があることを知らなければ、想定外の経路から病気になってしまう可能性があるので、トリコモナスにはどのような感染経路があるのか事前に学んでおくようにしておきましょう。

多くの人はセックスなどの性行為が原因だと思っているようですが、実際には公共施設のトイレや銭湯などを利用することでも感染する場合があるので、注意が必要だと言えます。

トリコモナスは性病のひとつであることからも分かるように、セックスが原因となって感染することも少なくありません。この病気は原虫が体内に入り込むことによって発症しますが、体内に原虫が寄生している人とセックスを行ってしまうと自分の体内にも原虫が入り込んでしまう可能性があります。

コンドームを用いずにセックスを行ってしまうと、精液や膣分泌液などの体液を介して感染が起こるので危険だと言えるでしょう。原虫が原因の病気は性行為による接触がなかったとしても、原虫が付着している下着やタオルを共用することで感染してしまう可能性があります。

デパートや施設などのトイレの便座にも付着している可能性がありますし、銭湯のイスや浴槽のフチ、サウナで座る場所などに原虫が存在していることもあると知っておきましょう。このように、性行為以外が原因で感染してしまうケースもあるので、性行為を行ったことがないような小さな子供や性行為をしていない大人でも感染することがある性病であるということを忘れないでください。

性行為を行わないから性病とは無縁だと思っている人もいるかもしれませんが、性病は性交渉だけが原因となってうつるわけではないと理解しておくことが大切です。

トリコモナスは他の性病と比較しても感染経路が多いほうだと言うことができるので、事前に正しい知識を身につけておけば予防に役立てることができます。性行為だけが原因となる病気は感染の恐れがある人と性行為をしないようにすれば良いだけですが、他の経路からもうつる可能性がある場合はそれだけでは予防することができません。

トリコモナスは性行為以外からも感染してしまうことがあることを知り、セックス以外にも公共施設を利用するときなどに気をつける必要があるので、意識的に予防するようにしてください。子供も感染する恐れがあるので、大人だけではなく子供も予防に努めるようにしましょう。